女性ホルモンを増やすなら月経前の不調ケアが近道!

女性ホルモンを増やすなら月経前の不調ケアが近道!

 

女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が低下する月経前には、女性の体に多くの不調があらわれやすくなります。

 

 

月経前に起こるさまざまな不調はPMS(月経前症候群)と呼ばれる、れっきとした病気です。

 

 

  • 月経周期によるホルモンの変動
  •  

  • 自律神経の乱れ
  •  

  • 免疫力の低下
  •  

  • 血行不良

 

 

以上のような要素が原因となって起こるPMSは、現代女性の約8割にあらわれると言われています。

 

女性ホルモンをサポート!プエラリアサプリランキング!

 

 

 

月経前はストレスや疲れから不調が悪化しやすいので、いつも以上にリラックスして過ごすことが大切です。

 

 

月経前症候群の主な症状には【冷え性・頭痛・首こり(肩こり)・むくみ・便秘】があります。

 

 

このページでは「冷え性」「頭痛」の症状と、その対策方法について解説しています。

 

こちらも参考に↓
>>月経前症候群【首こり(肩こり)・むくみ・便秘】の症状と対処法

 

 

冷え性

多くの女性が悩まされている冷え性。

 

 

女性の体はもともとの筋肉量が少ないため、男性に比べて熱を上手く生み出せません。

 

 

そのため慢性的に冷え性の人も多いのですが、月経前にはその症状がさらにひどくなることがあります。

 

 

女性ホルモンの分泌が低下すると、血液の循環が悪くなってしまいます。

 

 

血行不良が冷え性の原因となり、冷えのせいで血流が滞る・・・という悪循環を生み出してしまいます。

 

 

特に気をつけたいのが“自覚症状のない冷え性”になります。

 

 

手や足の先など、末端が冷えるタイプの冷え性は自覚症状があって対策もしやすいのが特徴。

 

 

一方、内蔵が冷えて起こる自覚症状がないタイプは、お腹まわりが冷たくなり、卵巣も冷えて女性ホルモンの分泌に悪影響を与えてしまいます。

 

 

女性の理想的な平均体温は約36.7℃ですから、自分の体温が36℃を下回っている場合は、内臓冷えを疑ってみてください。

 

 

冬だけでなく夏も冷房で体が冷えやすいので、半身浴や温かい飲み物などで体を温めるように意識しましょう。

 

 

頭痛

頭痛には筋肉の緊張によって起こる「緊張型頭痛」と、ホルモンの影響などで起こる「片頭痛」という2つのタイプがあります。

 

 

片頭痛はエストロゲンの分泌が低下する月経前に起こりやすくなります。

 

 

片頭痛はその名のとおり、主に頭の片側にズキズキと脈打つような痛みがあらわれます。

 

 

人によっては吐き気をともなったり、痛くて起きていられないくらいひどくなることも。

 

 

対策としては、極力横になって安静にし、痛みが治まるのをじっと待つことです。

 

 

片頭痛は市販の頭痛薬が効かないというケースも多いので、症状がひどいときは内科や神経内科を受診するようにしましょう。

 

 

女性ホルモンをサポート!プエラリアサプリランキング!

 

 

人気の関連記事

 

レディーズプエラリア99%の口コミ | 女性らしさをどれほどUP?

 

 

ベルタプエラリアの効果は? | 体験者の口コミを集めてみました

 

 

巨乳・モデル体型でも女性ホルモンが少ない人はいます

 

 

更年期のとっておき※プラセンタサプリで不調に備えましょう

 

 

 

 


 
トップページ プエラリア プラセンタ 目次