ストレスを減らして女性ホルモンを増やす方法

ストレスを減らして女性ホルモンを増やす

 

女性ホルモンが減ったりバランスが崩れてしまう主な原因は「ストレス」です。

 

 

とはいえ、ストレスを完全になくすというのも現実的ではありません。

 

 

上手に発散して適度に解消する。

 

 

そうやって、できるだけストレスを軽くしていくというのが現実的です。

 

 

それから、大切なのは今あるストレスを増幅させないための努力をすること。

 

 

不規則な生活習慣を続けていると、自律神経のオンとオフが上手く切り替えられなくなり、ストレスが増加してしまうことにもなりかねませんから注意が必要です。

 

女性ホルモンをサポート!プエラリアサプリランキング!

 

 

 

ストレスを軽減する方法

 

現代社会に生きていると、ストレスフリーはなかなか難しいところです。

 

 

ストレスを発散しようとお酒を飲んだり、物欲に任せて買い物してみたり、休日にふて寝してみたところで、残念ながら根本的な解決にはなってくれません。

 

 

「仕事が忙しすぎる・うまくいかない」

 

「会社の人間関係のせいでイライラする」

 

「肌荒れが気になって仕方がない」

 

 

そんな日常のストレスが蓄積して脳にダメージが加わると、自律神経のバランスが崩れて、それに連動してホルモンバランスも崩れてしまいます。

 

 

そういったストレスを軽くするために見直したいのが “入浴” と “睡眠” です。

 

 

毎日何気なくやっているこのふたつのことを少し気をつけるだけで、自律神経を整えられて、それに連動して女性ホルモンの分泌を安定させることができるようになるのです。

 

 

お風呂はきちんと湯船に浸かる

時間がない、面倒くさいという思いから入浴をシャワーだけで済ませている人も多いのではないでしょうか?

 

 

シャワーだけでは体がしっかりと温まらないですし、ストレス解消の効果も薄くなります。

 

 

湯船にきちんと浸かることで自律神経のバランスが整い、体温調節がうまくできるようになります。

 

 

その結果、冷えを防止できるようになりますから、できるだけ毎日湯船に浸かるように心がけましょう。

 

 

また、体が芯から温まると代謝が上がり、体に溜まった老廃物が流れ出やすくなるとともに、痩せやすい体質にもなるなど、女性にとってうれしい効果がたくさんあるのです。

 

 

全身浴での長風呂は心臓に負担がかかりますから、38〜39度のぬるめのお湯で半身浴がおすすめです。

 

 

みぞおちから下を15〜20分湯船につけておくと、じわじわと汗が出てきます。

 

 

入浴で副交感神経を刺激すれば快眠も得やすくなるため、女性ホルモンへの影響を考えると一石二鳥です。

 

 

お風呂に入るタイミングは就寝1〜2時間前がいいでしょう。

 

 

安眠快眠は最高のストレス発散に

睡眠中はさまざまなホルモンの分泌が盛んになります。

 

 

また、副交感神経の働きも活発になり、ストレスを軽減できる絶好のタイミングです。

 

 

入眠をスムーズにするためには、体温のコントロールが大切です。

 

 

人は睡眠時には体温が下がるので、すでに書いたように入浴で体温を上げておくと、眠りに入るときに体温が下がりやすく、心地よく眠りにつくことができます。

 

 

そして質の良い眠りを確保するなら、睡眠環境を整えておくようにしましょう。

 

 

特に光は交感神経を刺激して眠りを妨げるので、寝室には余計な光が入り込まないようにしておきたいところです。

 

 

「真っ暗だと不安で眠れない」という女性は、目に強い光が届かないように間接照明などを工夫してみてください。

 

女性ホルモンをサポート!プエラリアサプリランキング!

 

 

人気の関連記事

 

レディーズプエラリア99%の口コミ | 女性らしさをどれほどUP?

 

 

ベルタプエラリアの効果は? | 体験者の口コミを集めてみました

 

 

巨乳・モデル体型でも女性ホルモンが少ない人はいます

 

 

更年期のとっておき※プラセンタサプリで不調に備えましょう

 

 

 

 


 
トップページ プエラリア プラセンタ 目次