骨粗しょう症が女性に多いのは女性ホルモンの減少が一因

骨粗しょう症が女性に多いのは女性ホルモンの減少が一因 

 

 

骨粗しょう症は、年齢とともに発病リスクが高まる骨の病気です。

 

 

この骨粗しょう症、男性も女性もかかるものながら、女性の方がなりやすいというイメージはないでしょうか?

 

 

実際にも、女性の方が発症年齢が低ということがわかっていて、女性ホルモンの減少も原因になるということが判明しています。

 

 

 

女性の方が骨量が減りやすい

 

骨粗しょう症は骨の強度が低下し、骨折リスクが高まる病気のこと。

 

 

骨強度には骨密度が70%、骨質が30%関わってくるとされています。

 

 

病気ではあるものの痛みなどの症状はあまりないのが、この病気に特徴です。

 

 

ですから普通に生活していて気になるものではないのですが、転倒したり、物にぶつけたりというちょっとしたはずみで骨折しやすくなってしまうのですね。

 

 

高齢になってから骨折すると、思うように回復せずに、そのまま寝たきりになってしまうケースも多く見られます。

 

 

 

主な原因は「加齢」と「生活習慣」

 

加齢

骨粗しょう症になる主な原因に加齢があります。

 

 

歳を取ると筋肉が落ちるように、骨の中身も密度が低くなっていくのです。

 

 

また女性の場合は、女性ホルモンが影響することになります。

 

 

女性ホルモンには、骨を壊す破骨細胞の働きを抑える働きがあります。

 

 

それが閉経後に減ってしまい、骨量低下の大きな要因になってしまうのです。

 

 

生活習慣

若いころの生活習慣が骨の健康に影響することもあります。

 

 

骨量は成長期に増加して20歳前後でピークを迎えるものです。

 

 

その後は次第に減っていくため、若いうちにできるだけ骨量を増やしておくことが大切。

 

 

ですが、無理なダイエットや食事の不摂生などでカルシウムが不足していると、のちのち骨粗しょう症になるリスクが高まってしまうのです

 

 

また、過度の飲酒やタバコ、それからステロイド剤など一部の薬剤の使用が悪影響を与えることもあります。

 

 

 

骨に必要な栄養素を補給しましょう

 

骨を丈夫にする栄養素はカルシウムが有名ですが、それだけではありません。

 

 

カルシウムの吸収を助けるビタミンK、骨の構成要素となるマグネシウムやタンパク質を充分な量摂取することも重要です。

 

 

また、カルシウムを多く取るほど、体外に排出されるマグネシウムが増えるため、両方をバランスよく摂ることも大切になります

 

 

そして、骨の健康にも、やっぱり運動は欠かせないということです。

 

 

体に吸収されたカルシウムは、運動による刺激によって初めて骨の中に蓄えられるもの。

 

 

骨を強くするためにも、日頃からの適度な運動は有効なのです。

 

 

さらには、女性ホルモンの分泌を促すプエラリアを含むサプリも、女性の身体をサポートしてくれます。

 

 

人気の関連記事

 

レディーズプエラリア99%の口コミ | 女性らしさをどれほどUP?

 

 

ベルタプエラリアの効果は? | 体験者の口コミを集めてみました

 

 

巨乳・モデル体型でも女性ホルモンが少ない人はいます

 

 

更年期のとっておき※プラセンタサプリで不調に備えましょう

 

 

 

 

 

 


 
トップページ プエラリア プラセンタ 目次