生理の出血の乱れは女性ホルモン減少のサイン

生理の出血の乱れは女性ホルモン減少のサイン

 

 

生理のトラブルは女性特有のもの。

 

 

女性ホルモンの分泌量や変動の影響をもっとも受けるのが生理です。

 

 

なかでも生理前の体調変化はつらいものですよね。

 

 

生理の1週間ほど前からプロゲステロンの分泌量が増えて、体調を崩しやすくなり、体や心、お肌などにさまざまな不調が表れてきます。

 

 

この生理前の症状は、重い軽いという程度の違いはあるものの、ほとんどの女性が経験済みかと思います。

 

 

不調のレベルが著しくて生活に支障が出るほどになる月経前症候群(PMS)という病気を患ってしまうケースもあるほどです。

 



 

 

それとは別に、出血量の増減でわかる生理トラブルもあり、
これは “女性ホルモン減少のサイン” とも言えるものになります

 

 

 

出血の量でホルモン変動がわかる

30代後半以降に生理の出血量が減ってきたという場合、それは正常な加齢現象ともいえるので、特に心配はありません。

 

 

ですが、まだ20代や30代前半なのに、明らかに出血量が減少しているというときには、女性ホルモンバランスの悪化を疑ってみたほうがいいでしょう。

 

 

逆にホルモンの関係から、出血が急激に増えるケースもあります。

 

 

女性のホルモンバランスとは、2種類の女性ホルモン・プロゲステロンとエストロゲンのバランスのことを指します。

 

 

なんらかの原因から排卵がストップして、プロゲステロンがうまく分泌されなくなると、相対的にエストロゲンの作用だけが強くなってしまいます。

 

 

その結果、子宮内膜が厚くなって、出血量がどっと増えてしまうこともあるのです。

 

 

 

自分のカラダを振り返るきっかけに

生理は毎月のことなので、女性は男性に比べて自分の体の変化、ホルモンの変化を感じやすいといえます。

 

 

神経質になる必要はありませんが、あまりに無頓着なのも問題です。

 

 

不調があれば、その原因を知るため、予防のためにも、自分の生理現象に目を向けてみることは大切なことです

 

 

女性ホルモンをサポート!プエラリアサプリランキング!

 

 

人気の関連記事

 

レディーズプエラリア99%の口コミ | 女性らしさをどれほどUP?

 

 

ベルタプエラリアの効果は? | 体験者の口コミを集めてみました

 

 

巨乳・モデル体型でも女性ホルモンが少ない人はいます

 

 

更年期のとっておき※プラセンタサプリで不調に備えましょう

 

 

 

 

 


 
トップページ プエラリア プラセンタ 目次