毛穴の開きや乾燥肌と女性ホルモンの関係は?

毛穴の開きや乾燥肌と女性ホルモンの関係は?

 

卵巣機能が女性の肌状態に与える影響はとても大きなものです。

 

 

加齢やストレスなどによって卵巣機能が低下すると、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌も低下します。

 

 

エストロゲンは、皮膚の弾力を保つコラーゲンやエラスチン、水分量をキープするヒアルロン酸などを維持する働きを持っています。

 

 

これらの成分が少なくなってしまうと肌の老化が進んで、弾力やツヤ、うるおいが失われてしまい、たるみやシワができやすくなってしまいます。

 

 

毛穴が開いてしまうのは肌がたるんだせいですし、乾燥肌はうるおい不足から起こるもの。

 

 

ですから美肌をキープするためには、化粧品で外側からスキンケアするだけでなく、体の内側のホルモンケアも大切だということです。

 

 

女性ホルモンをサポート!プエラリアサプリランキング!

 

 

毛穴ケア

 

 

減ってしまう原因に対処

女性ホルモンの減少の原因には、加齢のほかにも疲れやストレス、冷え、食事や睡眠などの生活習慣の乱れなどもあります。

 

 

歳をとるのを止めることはできませんし、原因の全てを一気に解決するのも難しいでしょう。

 

 

ですから日常生活のなかで要因となるものをひとつひとつ改善して、肌コンディションを少しづつアップさせていきたいですね。

 

 

まず食事から肌荒れ対策。

 

 

コラーゲンβ-カロテンなどを多く含む食材を摂るのがおすすめです。

 

 

コラーゲンの豊富な食材

鶏の手羽先・牛スジ・ミミガー(豚の耳)・フカヒレ・うなぎ・鮭の皮・カレイのエンガワ など

 

 

β-カロテンの豊富な緑黄色野菜

にんじん・かぼちゃ・ほうれん草・大根の葉・ニラ・パセリ・モロヘイヤ・赤じそ など

 

 

 

バスタイムでホルモンバランスを整える

 

そして入浴時は半身浴が良いでしょう。

 

 

おへそから下だけお湯につかる半身浴を20〜30分。

 

 

身体が芯から温まり、じんわりと汗が出て新陳代謝を促します。

 

 

疲労回復やリラックス効果、冷えの解消にも効果があります。

 

 

バスタイムで心と体をより一層癒したいときは、天然ハーブの入浴剤がおすすめです。

 

 

ハーブの代表的な存在と言えばカモミール

 

 

ハーブティーにもよく使われています。

 

 

カモミールには、鎮静・リラックス作用、消炎・保湿作用、発汗作用、生理や更年期の抗うつ作用などがあることが知られています。

 

 

ヨーロッパでは万能ハーブとして親しまれている、女性の不調対策にはうってつけの有効成分なのですね。

 

 

そんなカモミールの有効成分をぎゅっと凝縮させたオーガニック入浴剤が
【華密恋カミツレ】です。

 

 

 

 

爽やかな香りが心身の緊張を解きほぐし、肌の保湿、冷えや湿疹の改善も期待できます。

 

 

肌の炎症や乾燥に悩むアトピー患者さんからの支持も高い薬用入浴剤です。

 

 

無添加入浴剤『華密恋』

 

 


 
トップページ プエラリア プラセンタ 目次