女性のオス化を呼ぶ男性ホルモン※オッサンなりかけ女子の対処法は?

男性ホルモン活性化でヒゲが濃くなる?

 

「ヒゲ女子」「女性のオス化」などと言われて、ドキッとしている女性もいるかもしれません。

 

 

これは簡単にいうと、体内の男性ホルモンの働きが優位になっていることから起こるものです。

 

 

男性ホルモンは男性だけにあるものではなく、女性の体にも存在しています。

 

 

本来は体の働きを安定させるためにほんの微量だけ存在しているので、男性ほど活性化せず、その作用が表面化することはありません。

 

 

それが、なにかのひょうしに量が増え、女性ホルモンとのバランスが悪くなり、その結果としてさまざまな不調を招いてしまいます。

 

 

若い女性だと多忙やストレスが原因で一時的に男性ホルモンが優位になるケースもあり、また加齢が原因だったり、もともと活性が高い人もいます。

 

 

 

男性ホルモンの影響が外見上出てきやすいのが “毛” についてです。

 

 

いつも通りにメイクをしていて、鏡を見てビックリ!

 

 

アゴにヒゲが生えている・・・!

 

 

とりあえず抜いて剃ったりしておいたものの、数日後にはまた同じ場所に太いヒゲが。

 

 

そんな経験があるなら、それは確実に男性ホルモンの影響です。

 

女性ホルモンをサポート!プエラリアサプリランキング!

 

 

 

あの場所の毛も・・・

 

ヒゲだけではありません。

 

 

男性ホルモンには体毛を濃くする働きがあり、特に「性毛」への働きかけが表れやすくなっています。

 

 

性毛というのは、わき毛・胸毛・へその下の毛・陰毛・すね毛など、第二次性徴の時期に男性の体で濃くなる毛のこと。

 

 

性ホルモンが関わっていることから、オス化によって濃くなりやすいのです。

 

 

こういった部位の体毛が濃くなってきたという場合には、自分の男性ホルモンの活性が高くなってきていることを自覚しましょう。

 

 

 

ハゲる原因にも

 

男性ホルモンの代表格がテストステロン。

 

 

そのテストステロンが体内で変換されて生まれる、活性度の高いホルモンがジヒドロテストステロン(DHT)です。

 

 

ジヒドロテストステロンは男性型脱毛症の最大の要因とされていて、男性の若年性薄毛を引き起こすものになります。

 

 

男性ホルモンは女性にも分泌されていますから、男性型脱毛症によるハゲが起こる可能性もあるということです。

 

 

同時に女性ホルモンの低下によっても薄毛は起こりますから、ホルモンバランスの乱れは女性の頭髪トラブルに結びつきやすいとも言えるでしょう。

 

 

 

女性ホルモンを優位にコントロールするために

 

オス化・オッサン化も笑いごとで済ませられるうちはいいですが、いざ自分の身に降りかかるとショックですよね。

 

 

しかもそれが見た目に直接関わる体毛で現れるとなると、適切に対処したいところです。

 

 

また、女性ホルモンの勢いが弱まると、ニオイの問題も気になりだします。
>>女性ホルモンが加齢臭の発生を抑えてくれている?

 

 

人間の体内にはもともと必要ないものは存在していません。

 

 

男性ホルモンも役割があるからこそ女性の体内にあるわけですが、うれしくない作用をすることもあるということになります。

 

 

美と健康を保つにはホルモンのバランスが大切。

 

 

「ヒゲ女子」などと言われないように、女性ホルモンが常に優位になるようコントロールしたいなら、取り入れたいのはプエラリア・ミリフィカのサプリメントです。

 

 

女性ホルモンをサポート!プエラリアサプリランキング!

 

 

人気の関連記事

 

レディーズプエラリア99%の口コミ | 女性らしさをどれほどUP?

 

 

ベルタプエラリアの効果は? | 体験者の口コミを集めてみました

 

 

巨乳・モデル体型でも女性ホルモンが少ない人はいます

 

 

更年期のとっておき※プラセンタサプリで不調に備えましょう

 

 

 

 


 
トップページ プエラリア プラセンタ 目次