女性ホルモンを増やして更年期対策※今すぐできる対処法は?

女性ホルモンを増やして更年期対策

 

45〜55歳ごろの女性に訪れる更年期。

 

 

その症状は、毎日違う症状が出たり、同じ症状でも日によって強さが違う「不定愁訴」(ふていしゅうそ)です。

 

 

体調が悪くて病人で検査を受けても病気などは見つからず、あとになって更年期症状だと気づくことも珍しくありません。

 

 

更年期に起こる体と心の不調は、女性ホルモン「エストロゲン」の急激な減少にともなう自律神経の乱れが原因です。

 

 

年齢が増すほどに体調変化は出やすくなりますし、その人の生活環境やもともとの気質の影響もあるものの、一番大きな要因はホルモンの分泌低下にあります。

 

 

以下のような症状が現れる場合には、女性ホルモンを増やすサプリメントなどを取り入れてみると効果的な対処法となるはずです。

 

 

女性ホルモンをサポート!プエラリアサプリランキング!

 

 

 

更年期の体の変化

ホットフラッシュ

「暑くもないのに突然ほてりやのぼせを感じる」

 

「運動もしていないのに大量の汗がダラダラと流れる」

 

「不意に顔が真っ赤になる」

 

 

これらはホットフラッシュと呼ばれる典型的な更年期の症状です。

 

女性ホルモンが減ったことで自律神経が乱れ、血管の収縮・拡張がうまくいかなくなった結果起こります。

 

多汗の症状が上半身に集中して出るのが特徴的です。

 

 

めまい

自律神経の乱れから平衡感覚が鈍ることで起こります。

 

同じ理由から耳鳴りがすることもあるようです。

 

体がふわふわ浮いているように感じる「浮動性のめまい」と、天井がぐるぐると回る「回転性のめまい」があります。

 

 

体の乾燥

皮膚や髪の毛、粘膜にまで乾燥の症状が出ることがあります。

 

喉の渇きから咳が出やすくなったり、唾液が少なくなってドライマウスになるなどの症状も見られることがあります。

 

 

肩こり・腰痛

エストロゲンの減少で血液循環が悪くなり、関節の動きがスムーズでなくなったりすることで出てくる症状です。

 

老化や運動不足と相まって起こるものでもあるため、運動不足の解消が効果的なケースもあります。

 

 

生理周期の乱れ

更年期には生理周期が大きく乱れ出します。

 

月経が24日以下の短い周期になったり、長いあいだ来なくなったりなど周期がバラバラになります。

 

また経血量の増減も激しくなることがあり、これらは閉経に向かう予兆だと言えます。

 

 

頻尿・尿漏れ

エストロゲンが減った影響で膀胱の粘膜が萎縮し、少ない量の尿でも尿意を感じやすくなるのが頻尿です。

 

また、加齢などが原因となって骨盤底筋が弱くなり、くしゃみをしたり笑ったりしたときに尿が漏れてしまう現象を尿漏れと呼びます。

 

 

 

更年期の心の変化

イライラ・攻撃的に

以前なら気にならなかったささいなことにイライラしたり、突然カッとなりやすくなるなど、感情の起伏が激しくなることがあります。

 

普段は温厚な性格なのに、突然どなってしまったりして、冷静になってから反省することも。これは女性ホルモンが減り、男性ホルモンが相対的に有利になったことで起こる症状です。

 

 

不安・落ち込み

心身の不調の影響から、将来が漠然と不安になったり落ち込んだりしやすくなります。

 

年齢的に育児や健康、親の介護などが気になる頃なのも、精神不安定に拍車をかけるようです。

 

気持ちの落
ち込みが深刻になると、アルコール依存性や浪費グセにつながる可能性も。

 

パニック

女性ホルモンが減少し自律神経が乱れると、心臓の拍動をコントロールできなくなることがあります。

 

激しく動いたわけでもないのに、心臓の鼓動がドキドキと激しくなり、パニック状態に陥ることもあります。

 

 

女性ホルモンをサポート!プエラリアサプリランキング!

 

 

人気の関連記事

 

レディーズプエラリア99%の口コミ | 女性らしさをどれほどUP?

 

 

ベルタプエラリアの効果は? | 体験者の口コミを集めてみました

 

 

巨乳・モデル体型でも女性ホルモンが少ない人はいます

 

 

更年期のとっておき※プラセンタサプリで不調に備えましょう

 

 

 

 

 


 
トップページ プエラリア プラセンタ 目次